アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「環境」のブログ記事

みんなの「環境」ブログ


春分の日

2011/03/21 17:05
この度の震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

今日は春分の日、春のお彼岸です。
朝と夜の時間が同じになり、これから昼の時間が少しづつ長くなっていきます。
まだ今日も寒いですが、早く温かくなってくるよう願っています。

自分にできることは小さいですが、まずは節電から実行しています。使っていない電源のプラグを抜いてみると、けっこう沢山ありました。

繁華街のお店は早く閉店してしまいますが、それに合わせて買い物をすれば、さして大きな不都合は感じない事が分かりました。この機会に、暮らしの方法を見直してみたいと思います。


画像


だいぶ前の写真ですが、大根が上へも下へも力いっぱい強く伸びている様子をみて思わず撮りました。
記事へトラックバック / コメント


農家訪問

2010/12/27 03:01
水戸の岩崎農園。 農薬を使わず野菜作りをされている畑を見せていただきました。

画像


ほうれん草は、霜に強い野菜だそうです。ちょっと葉を口に入れてみると、とても濃い味がして、甘みもあります。

画像


大きい葉の真ん中に顔を出しているのは、ブロッコリー
画像


白菜は、かなり重そうです。

画像


スイスチャード・ブライトライトこの美しい色の野菜は、6月にカリフォルニアのオーガニックマーケットで見て感激しましたが、日本で見るのは初めてです。

画像


意外にも、地元のマーケットに出すと、あまり売れないそうです。
目を引く野菜ですが、どうやって使っていいか分からないと、買っていく方が少ないのかなと思いました。

生のまま、切って他の野菜と混ぜ、サラダを作れば美味しく色鮮やかな一皿になります。
茎をかじってみると、ジューシーで少し甘みがありました。
葉は寒くなると、緑の色が濃くなるそうです。

画像


画像



ほうれん草、ブロッコリー、スイスチャード
画像


農家から直接取り寄せた有機野菜でスープを作る「玄菜麺」、それ以外の麺も、味噌、醤油、塩など材料を厳選し、化学調味料を使わないらーめん作りをしている玄菜院の田中玄さんが持ち帰って、明日お店でどのように使われるのでしょうか。

画像











記事へトラックバック / コメント


有機野菜

2010/12/27 01:42
茨城県、大子町の風景です。
奥に梅の木、左奥には茶畑があります。

画像


本来温かいところに育つ「あしたば」ですが、奥久慈でもあしたばが栽培されています。
この辺りは粘土質の土で、にんにく、こんにゃく、あしたば、などの栽培に向くそうです。

農薬を使わずあしたばを栽培され、パウダー、エキスを作られている、桜岡食品の桜岡さんにお会いしました。

画像



奥久慈地域では、あしたばのもつ抗菌、消臭作用を生かして、エキスを使ったシャツ、ハンカチ等や、発酵作用を生かしたチーズ作り、和洋菓子作りなどの開発・販売など、地域の農産物の活用を行い、地域ブランド化が進められてます。
記事へトラックバック / コメント


休耕田観察

2010/12/06 02:10
都会から1時間程で、こんなのどかな場所に来ることができます。
水戸市環境保全会議主催の「阿見うら谷津休耕田再生地観察」のお手伝いに行ってきました。

画像


30年間耕作放棄された土地ですから、自然が豊かです。ここを再生する活動が行われています。


画像


お昼は、林の中から杉の枯葉や枝を拾ってきて薪にし、おこわを蒸したり、常陸牧場の「ブナ豚」のしゃぶしゃぶを作りました。

画像


虫食い枯葉も美しく感じます。

画像


米ぬかや枯葉で作られる堆肥。この中に手を入れてみると発酵が進んで温かいです。


記事へトラックバック / コメント


2010/12/05 18:53
雨の中、車で走っていたら、

画像


目の前に虹が 現れました。

紅葉の山にかかる虹を見たのは初めてで、思わず何枚も写真を撮りました。


自然の力は凄いといつも思っています。
誰も何もするわけではないのに、雨が降って日が照って、また一年経つとこのように紅葉して、落ち葉になり、
循環していく。 この自然を大切にしなければ。

記事へトラックバック / コメント


Farmer's Market in California

2010/07/01 02:43
カリフォルニア州、サンフランシスコのベイエリア各地で、Farmer's Market が開かれています。

Mountain View のファーマーズマーケットは、駅前の駐車場のスペースを使い、毎週日曜日の朝9時から午後1時まで、新鮮な果物野菜加工品を求める人々で賑わう市場です。

オーガニックの農産物を中心にしたマーケットには、カリフォルニアのオーガニック認定生産者がこのような看板を掲げて、収穫したての野菜を販売しています。

画像


オーガニックズッキーニ
種類も豊富で様々な形の物が並んでいますが、それぞれどうやって料理したら良いのでしょうか。考えるだけでも楽しくなります。
記事へトラックバック / コメント


ベビーリーフ

2010/04/07 01:24
最近ベビーリーフとか サラダミックスと呼ばれる袋詰めの葉っぱを良く見かけます。

これは、アースディマーケットで買った時の、葉っぱ一袋分。
試食をした時、何か味を付けてあったのかと思ったほど、茎にしっかりと味がしました。

農薬や化学肥料を使わない畑には、雑草も成長しているそうです。
雑草が、土に必要な栄養をもたらしてくれる事もあると言うことです。

画像


ここに、 ぺんぺん草 (ナズナ) が混ざっていますね。 (左の端に飛び出している緑色の草です)
おまけ!で入っていましたので、全部一緒にサラダで戴きました。

エクストラ・バージンオリーブオイルだけかけて、そのままの味を味わい、
残り少しだけ、天草の「天日古代塩」をかけて食べました。
記事へトラックバック / コメント


シャンプーとエコテスト

2010/03/27 01:45
ビールとはちみつ配合のシャンプーを使っています。

画像


以前使っていたシャンプーは、すすぎ上がりの感覚が分かりづらかったのです。だからお湯も沢山使っていました。

ロゴナのこのシャンプーは、泡切れも良く洗い上がりがさっぱりしています。
使い心地の良さだけでなく、すすぎのお湯の量が少なくなった事も、気に入っています。

ドイツといえばビールが有名ですね。そしてこのシャンプー、水の次に多い成分がビール!

パラフィンやシリコンなどの石油系原料、化学合成された色素や防腐剤は不使用。


ボトルの右下の四角い枠は、「エコテスト」の評価、" Sehr Gud " (very good = たいへん良い)  の表示です。

「エコテスト」 とは、1985年に創刊したドイツの月刊誌です。 
独自に商品の検証をして、その情報を誌上で公表しています。

食品、子供と家族、化粧品、住宅、お金、など7つの分野から製品やサービスを選び、外部の機関で検査します。

例えば、有機食品、コーヒー、歯磨き粉、壁紙、携帯電話、パーティー用仮装マスク (オバマ大統領とか、映画「13日の金曜日」のジェーソンのマスクも!) など、毎回違う製品やサービスを取り上げて、何種類〜何十種類もの製品をテストします。検査結果を基に、環境面、消費者への健康面で問題がないかの評価が下され、詳しい検査報告が掲載されます。

ドイツの消費者は、こうした情報も参考にしながら、商品選びの判断に役立てているようです。
記事へトラックバック / コメント


エコたわし

2010/01/23 01:10
2010年初めてのプレゼント。お友達から頂きました。
ずっと欲しかったエコたわしです。

渦巻き型 と ビスケット型

画像


お店で買うと数百円。自分で作れば安上がり、とばかりいつも手に取っては買わずじまい。
とは言え、自分では絶対に作らない。(作れない)
嬉しくて、しかもエコロジーな、手作りの戴き物です。

落ちにくかった、コーヒーや牛乳のこびりついた汚れが、
すいっとひと拭きで落ちました。
合成洗剤を使わなくて良いので、手荒れの心配もなく、環境にもやさしいですね。

シチューとか油分の多い鍋やお皿は、まず新聞紙などで拭き取ったり、重曹で擦り落としたりしてから、エコたわしを使っています。

記事へトラックバック / コメント


ベルガモット

2009/11/30 04:29
紅茶アールグレイの香りとして知られているベルガモット。
イタリア南部のカラブリアが主な産地の柑橘類で、精油など香りを楽しむために使われています。
その実はレモンより酸っぱ〜い!!のだそうです。

(社)日本アロマ環境協会のシンポジウムで、カラブリアから届いた珍しいベルガモットのジャムを試食させて戴きました。その酸っぱさと苦味が口の中で広がり、大人の味です。 もう一度味わいたいジャムでした。

紅茶レディグレイもアフタヌーンティとして出していただきました。「レディグレイ」は、「アールグレイ」にオレンジピール、レモンピール、矢車菊の花をブレンドした紅茶です。リーフティで買うと、矢車菊の青い花がとても綺麗で、自宅や職場で香りを楽しみながらよく飲んでいます。

アロマテラピーの精油の成分は、植物から採れます。
植物は土の養分や水を吸収し、光合成をして成長。その植物を食料として、人間や動物が消費。
その食べ残しや動物の死骸が土壌の微生物により分解され、土の栄養となり、植物に渡ります。

農産物も植物ですので、同じです。
地球上では、植物を始まりとした食物連鎖が行われていて、人や動物などすべての生き物がこの自然循環の中で生きています。自然循環のどこかがおかしくなると、人間の社会生活にも支障が出てきます。だから自然の生態系を守って地球環境にやさしい生産をしていこうというのがオーガニックの考えです。

記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
東京の畑
東京の畑 つづきです ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/07 03:20
有機水田
有機水田 田んぼの生き物救出に参加してきました。 有機のたんぼは、いろいろな生き物が元気に暮らしています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/05 23:20
秋の爽やかな風
秋の爽やかな風 日曜日は秋らしく風が爽やかな、お出かけ日和でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/21 02:48
地球温暖化
日本は、温室効果ガスの排出量を、1990年比で25%削減を目標にする。 この民主党の表明に、産業界からは、反発の声があがっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/10 23:35
オーガニック給食
オーガニック給食 先週の公開初日に、ドキュメンタリー映画 「未来の食卓」を観ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/16 12:55
はじめまして
地球温暖化、異常気象、など環境の悪化が懸念されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/10 03:39

トップへ | みんなの「環境」ブログ

オーガニックのとびら 環境のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる